« レッスルエンジェルス愛・ガルム小鳥遊 | トップページ | リプレイ・2年目1月/バカンス »

2006-10-28

二次小説更新・入門話(グリさん編)

『レッスルエンジェルスサバイバー』二次小説、更新しました。
前編をアップしてからかなり時間が空いてしまいましたが(^^;、「集結(中編)」、スカウト時のエピソード・グリズリー山本編です。

 

グリさんをスカウトした時、実は一度断られました。
その時の彼女の台詞は「プロレス……? ……興味ないです……」だったんですけど、この時、なんというか、すごーくうかない顔をして目をそらすのが気にかかったんですよね。もしかしてこの子、「プロレス」という単語にトラウマでもあるのかなぁと思って――――今回のお話は、その時感じたものがベースになっています。

 

『サバイバー』内でも屈指の体格の持ち主であるグリさん(でも、実は3サイズだけ見れば、朝比奈も±3センチ以内なんですが(^^;)。だから、それが原因で嫌な思いをしてきたことはいっぱいあるだろうなぁと思います。

「プロレス」と聞いてうかない表情になるのは、それでからかわれたことがあったからじゃないかなとか。
彼女の控えめな性格も、(元々そうだったんだろうけど、)その辺がさらに拍車をかけたんじゃないかとか。
後、おっとりさんな彼女がプロレス(それもフェイスペイントしたヒール)をやろうと思うようになったのも、そんな自分を変えたいと思ったからだったりしてとか。

……あれこれ妄想したものがつながって、こういうエピソードになりました。
イメージ違うじゃんと思われる方もおられるかなーと思いますが(^^;、でも、うちのグリさんのイメージはその辺からスタートしてるので、それで書いてしまいました。こういう風に感じたやつもいるんだね程度に受け止めていただければ嬉しいです。

 

それにしても、後編で新人4人分書く予定だったのに、グリさん1人でミミさん&朝比奈編より長くなってしまったとは……。まだ3人残ってるんですけど、後編1本でおさまるかな(汗)。

 
 

P.S.
拍手を押してくださった方々&コメント下さった方、ありがとうございました。

>置いて行かれた朝比奈さん。そう言うときはセコンドについているという妄想でw@Luf
おおっ、そういえばセコンドという手がありましたか。確かに、この2人だとお互い普通に相手のセコンドについていそうですよね。リング下から声かけたり、朝比奈が負けた後にはスプレーかけてあげたり、肩貸してあげたりしてるのかなぁ。あ、なんかその辺考えると楽しくなってきました♪ どうもありがとうございます。

|

« レッスルエンジェルス愛・ガルム小鳥遊 | トップページ | リプレイ・2年目1月/バカンス »