« 拍手お返事です | トップページ | 週刊レッスル5/17号感想 »

2007-05-16

ぱわぱわ日記18・つかさのときめき☆メモリアル

先日、「つかさにはぜひとも(凶器攻撃として)『ときめきメモリアル』をやってほしい」 と書いたところ、Nさんからコメントをいただきました。(一部抜粋)
 
>つかさには ときメモとボ・ラギノールデスヨ(笑)
おおっ、ボ・ラギノール(カンチョー攻撃)は忘れてました。凶器攻撃はどっちかというとそっちの方が似合いそうですね。痛そうだし。てことは……ときメモは「必殺技」かな? 本来のフェイスクラッシャーとも顔つながりになってるし、おお、いけるいける♪
……てか。よく考えたらそれ、うちの子から既に被害者が出てるんですが……(^^;。
 
 
というわけで、今日はその時のネタです。「続きを読む」からどうぞ。

 
------------------------------------------------------------------
 
『ぱわぱわがーるず』に加入した真鍋つかさ。さっそくその日のうちに、ジムで先輩たちに引き合わされました。
 
つかさ「んふふ~、とゆーわけでぇ、よろしく~♪」
朝比奈「おう。ようやく来たな」
グリさん「みんな待ってたんですよ。これからよろしくお願いしますね」
つかさ「まーね、あたしとしてはもっと早く出たかったんだけど。でも、ほら、『主役は遅れてやってくる』って言うしぃ――――(ごちっ!) いっ!(><) 何すんのさーっ!」
市ヶ谷様「オーッホッホッホッ、……誰が主役ですって?」 ピキ
つかさ「えっ、あっ、もちろんれーかさまですっ」
朝比奈「――ぶっ!」←吹き出した
つかさ「綺麗でぇ、優し~い、麗華お姉さまでーーーす♪」
市ヶ谷様「あ、あ、あら……なかなか見どころのある子じゃありませんの。ええ、その通りですわ。この軍団、いえ、『愛』の主役はこのわたくし。貴女もわたくしの軍団の一員となったからには、恥ずかしい試合は許しませんわよ」
つかさ「はーい、了解であります、麗華お姉さま」 したっ!<敬礼
 
朝比奈「……おい。今のって、本気だと思うか?」 こそこそ>グリさん
グリさん「……えーと。ノーコメントです……(^^;」 こそこそ>朝比奈
 
 
……どうやらぱわ版つかさは、とりあえず最高権力者である市ヶ谷様に媚びておくことにしたようです。(いつ猫かぶりがばれるかはまた別のお話で)
 
それはさておき、挨拶が終わり、練習開始。
 
朝比奈「で、今日は何すんだ?」
市ヶ谷様「ええ、ボスから指示が届いてますわ。『念のためタッグ補正を確認したいので、全員つかさと練習試合やってください』だそうですわよ」
つかさ「げーっ、ウソ、全員とーっ? 何それ、あたし死んじゃうじゃんー」
グリさん「まぁまぁ。大丈夫ですよ、ちゃんと手加減しますから」 (^^)
つかさ「うううー……お手柔らかに~……」 ぶー
朝比奈「よし、じゃあまず、白石、やってやれ」ぽん>なぎさ
なぎさ「……うん……」
 
 
というわけで、なぎさ → 市ヶ谷様 → グリさん ……と、練習試合をしてみました。
もちろん、まだデビュー前の新人つかさと1500~1800の先輩連中でまともな試合になるわけはなく……、
 
なぎさ「……ですばれー……」 こてん
つかさ「ぎゃっ!!」
 
市ヶ谷様「ビューティボムですわっ!」 ぐしゃ!
つかさ「ぐはぁぁぁぁ……!」
 
グリさん「ごめんなさい……ムーンサルトプレスです(^^;」 どさっ!!
つかさ「ぐぇほぉぉぉ…………」
 
こういう時に限って、とっておきの技で沈める先輩たち。3試合終わって、つかさはリングの真ん中に大の字にのびてます。
 
朝比奈「最後はオレか。……おーい、生きてっか?」>つかさ
つかさ「ちょ……ちょっと天国の門が見えてきたって感じぃ……」
朝比奈「(ま、喋れるなら大丈夫か)――にしても、お前、反撃したっていいんだぜ?」
つかさ「む、むちゃ言わないでよ~……相性欄ぜーんぶ真っ赤なのに、何をどー反撃しろっていうのさー」
朝比奈「まぁな……」こりこり 「ま、頑張って必殺カード引け。受けてやるから」
つかさ「いいのー?」
朝比奈「おう。お前のなら、4、5発受けても大丈夫だろ」
つかさ「うー……その言葉、後悔しないでよ~?」
 
 
唇尖らせて起きあがるつかさ。
そして、試合開始しますが、これも前の3試合とほぼ同様の展開で、
 
朝比奈「ほれっ」>パワースラム
つかさ「ぎゃっ!!」
 
技3発でさくっとつかさのHPは残り僅かになってしまいました。
 
朝比奈「しょーがねぇな……よし、終わりにすっか」
 
ジャーマンでとどめ刺そうとした朝比奈。
しかし、ここでつかさ、くるくると前転し、回転エビ固めでまるめました! フォールの体勢に入るも、さすがにカウント1。
 
朝比奈「チッ…………この野郎、ちったぁやるじゃねぇか」 (^^;
 
苦笑しつつ振り返ろうとする朝比奈。――――が。
 
 
つかさ「にひひひ……いっただきぃ!」
 
 
――その瞬間、朝比奈が見たものは、眼前に迫るつかさのどアップ。
 
朝比奈「……へ?」
 
そのままつかさは朝比奈の首ったまに抱きつき……
 
朝比奈「んんんん――――っっ!!??」 (><)
 
 
 
   ちゅ~~~~~~(-。-) ← Kiss☆
 
 
 
グリさん「………………!!!」
なぎさ「…………」 <僅かに瞳がまるくなる
市ヶ谷様「………あら………」
 
 
 …………凍りつく時間…………。

 
 

数秒後、ようやく先輩たちの頭が回転し始めて。
 
朝比奈「あ、あ、あ……」
つかさ「んふ~、ごちそーさまぁ♪」 にかっ
 
 
朝比奈「――あにしやがるこの淫魔~~っっ!!!」
 
つかさ「ぎゃーーーーーーーー!!!」
 
 
抱きついてるつかさを引きはがし、そのまま頭上に持ち上げて投げつける朝比奈!
つかさ、コーナーポストにどっかーーん!!
 
 
つかさ「い……いったぁぁい……何すんのさ~!」
朝比奈「そそそそそれはこっちの台詞だ馬鹿野郎っ! 練習中にいきなり何しやがるっ!」(///)
つかさ「えー、だってぇ、必殺技出していいって言ったじゃん~!」
朝比奈「はぁ!? それとこれとが何の関係があんだっ!」
つかさ「だからぁ! 今のがあたしの必殺技なのっ!」
 
グリさん「…………」
なぎさ「…………」
 
市ヶ谷様「必殺技? 今のがですの?」
つかさ「んふふ~、そぉ。ここのボスに相談したらねぇ、『つかさにはこういうのが似合うんじゃない?』ってDVD見せてくれてー」
市ヶ谷様「まぁ……似合うといえば似合いますわね。ダメージもなかなかのもののようですし」>唖然としてる朝比奈を見て
つかさ「でしょ、でしょぉ?」 得意そう
 
朝比奈「あ、あ、あ……あんのくそボス――っ! ろくでもねぇこと吹き込みやがって、おかげで、おかげで、オレの……」
つかさ「いーじゃないさ、別に減るもんじゃなし~」
朝比奈「減るってのっ!!」
つかさ「えー……その反応、もしかしてぇ…………先輩ってば、リップヴァージンだったとか~?」 くふふ
朝比奈「――――!!」 カーッ(///)←真っ赤
つかさ「うそ~、図星ぃ? そーなんだ、そーなんだぁ、その年でぇ?」
朝比奈「わ、わ……悪ぃかよっ!!」 (///)
つかさ「悪くはないけどぉ……ふーん、そーだったんだぁ」 くす
朝比奈「てっ、てめぇ、ぶっ殺す!!」
つかさ「ぎゃーっ、麗華おねーさまぁ助けてぇぇぇ」
市ヶ谷様「はぁ……しかたありませんわね。――見苦しいですわよ。その程度のことでおたつくのはおよしなさい」>朝比奈
朝比奈「……そ、その程度のことって、市ヶ谷、お前なぁ……」
市ヶ谷様「唇の1つや2つ何ですの。わたくしなど、かつては水着剥ぎデスマッチでこの美しい芸術的な裸体を全国1000億のファンの皆様に披露したものですわ。貴女もレスラーなら、そのくらいの覚悟はお持ちなさい」
朝比奈「う、うるせぇ、こちとらCERO Cランクのソフトにしか出たことねぇ純情可憐な乙女なんだよ! 豪快脱ぎまくり女王と一緒にすんじゃねぇ!」
市ヶ谷様「な、なんですってぇ!? もう一遍言ってごらんなさいっ!!」
 
 
あやうく朝比奈 vs 市ヶ谷様のバトルが勃発しかけましたが、その瞬間……、
 
グリさん「……すみません朝比奈さん、リング、空けていただけますか?」
 
いつのまにか席を外していたグリさんとなぎさが、戻ってきてました。
 
朝比奈「お、おう、悪ぃ――――って、山本!?」
つかさ「い…………!?」
市ヶ谷様「…………」
 
グリさん「よく考えてみたら、タッグ補正を調べるための練習試合なら、1回じゃ足りないですよね?」
なぎさ「……うん、足りない……」
 
朝比奈「いや、そうだけど……てかよ、お前……」
 
グリさん「1人10試合くらいは必要なんじゃないかと思うんですけど」
なぎさ「……うん、必要……」
 
つかさ「……あ、あのー。チョット、グリセンパイ?」
グリさん「まぁまぁ。大丈夫ですよ、ちゃんと手加減しますから」 (^^)
つかさ「って、そのかっこで言われても説得力ないんですけどぉっ!!」>リンコス+メイクもぴっちりのグリさん
グリさん「気にしないでください。この方が気合いが入るんです」
つかさ「ウソだーーーっ、ぜったい殺す気だーーーっ!!」
 
朝比奈「てか、白石、お前まで何してんだよ」>こちらもリンコスまとったなぎさ
なぎさ「大丈夫……仇はきっととる……」
朝比奈「死んでねぇよっ!(^^; 縁起でもねぇこと言うなっ」
 
つかさ「ひーーー、麗華お姉さま、助けてーーー!!」
 
またも市ヶ谷様に助けを求めるつかさ。しかし、
 
市ヶ谷様「オーッホッホッホッ、面白いですわ。この試練が貴女を成長させるのです。大丈夫、わたくしはいつでも見守っていてさしあげてよ」
つかさ「ケチーっ、せっかく媚びてやったのに、ゴージャス年増の薄情者ーーっ!」
市ヶ谷様「……っ……」 ピキキキキキ
 
……あ。どうやら、次回を待たずに猫かぶりがバレたらしい。
 
市ヶ谷様「熊っ、のほほん娘っ、手をお貸しなさいっ!」 リングに上がる
グリさん「はいっ!」
なぎさ「……うん……」
 
朝比奈「お、おーい……」 (汗)
 
つかさ「ぎゃーーーひとごろしぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ」
 
  
 
 
そしてその夜。
 
つかさ「うー……がったいびゅーてぃぼむ~……3人がかりは卑怯だ~……」 ←寝言
 
朝比奈「……く、来るなー……寄るなー……クチビルゲ~……」 ←寝言
 
ぱわぱわ娘たちのお家には、悪夢にうなされる2人のうめき声が交互に響き渡ったのでありました…………。
 
------------------------------------------------------------------
 
……てか。
つかさ加入後、練習試合を各自10本くらいずつやってるんですが。グリさんも市ヶ谷様もなぎさもまだ1回もつかさの必殺ひいてないのに、どういうわけか朝比奈だけ既に4回も必殺くらってたりするんです(^^;。
「おお、朝比奈ってば受けてやってるのか、優しいなぁ」とか思ってたわけですけど、あの必殺技が「ときメモ(=マウスtoマウス攻撃)」だったとなると、様相が変わってくるよなぁ……と想像してたら、こんなシーンが浮かんでしまいまして。
 
というわけで、今日はちょっぴりえっちなぱわぱわ日記でした。
 
 
 
P.S.WEB拍手押してくださった方々&コメント下さった方々、ありがとうございました。
 
>つかさは小悪魔チックですねぇ~うちのミミさんは会話の成功率が20%ぐらいでした
>大人の余裕でかわしていたのか?と、思ったら十数戦でデレました、奥の深い人デス(笑)
>『でれでれがーるず』の結成を待ち望んでおきますね(笑)>螢野光

ほんと、小悪魔ですよねぇ。しかし、つかさ、試合の勝率は意外に良かったりします。何がどう間違ったのか、現在8戦して5勝3敗。(必殺「ときメモ」は1回出ました。他所の軍団の方なので、誰が被害に遭ったかは内緒……(^^;)
 
 
>つかさには ときメモとボ・ラギノールデスヨ(笑)
>うちではそれを使わせる予定です。(というかすでに書きあがってますが。詳細は17番にて
>N でした。

えへへ、というわけで、ぱわぱわ版つかさの初ときメモ、ネタにしちゃいました♪ NさんのSHU版つかさのときメモとボ・ラギノールも楽しみにしてますねっ。

|

« 拍手お返事です | トップページ | 週刊レッスル5/17号感想 »