« 拍手コメントのお返事です | トップページ | 週刊レッスル7/12号感想 »

2007-07-11

ストーリーアプリ第7話『ひとり魔女裁判』感想

というわけで、今回はストーリーアプリ第7話『ひとり魔女裁判』、お布団の中でプレイしました。
 
以下、感想です。「続きを読む」からどうぞ。

 
今回は、箇条書きに。
 
 
●「冬の」新女
……なるほど。そいえば確かに、新女の12月といえばEXタッグリーグでした。盲点だったなぁ、なんで気づかなかったんだろう。
事前には、「新女の新人が小粒になっていった時代」のことを指してるのかとも思いましたが、むしろその逆でしたね。ゴールデンペアを筆頭に、市ヶ谷様、南さん、めぐちぐ……と、スター目白押しな黄金期、か。まぁ、旧作の新女勢はほとんど全て新女にいる上に、グリさんに八島の姐御、ジューシーペア、ミニマム・レイザーズもいるんだから――人材豊富だ、新女。
ところで、1話での大量脱退騒ぎは、結局何だったんでしょう?(あの時はJWI設立かと思ったけど、7話の時点でまだ市ヶ谷様居るしなぁ)
 
 
●1、2……たくさん!!
それにしても、今回はびっくりするくらい大量にサバイバーキャラが登場してきましたね。ストーリー初登場組だけでも、ひぃふぅみぃ……20人弱? ここしばらくの2回分が基本的に、愛キャラ6名+外人+α(5話)、ガルさん+NPC+α(6話)だっただけに、こりゃどういう天変地異の前触れかと焦ってしまいました(笑)。
まぁ、その分、物語としてはやや薄味でしたけど……うん、でも、ストーリー性高いのも私は好きだし堪能させてもらってますが、どちらかと言えばこういうキャラ性の高い話の方が読んでて楽しいかなぁ。自分はやはりサバイバーの子たちに一番馴染みがあるので(^^;、彼女たちがわいわい賑やかに絡んでるのを見てるとそれだけで嬉しくなってきてしまいます。(今回のヒール激突の場面なんか、もうにやにやしながら読んじゃいましたよ)
毎回でなくてもいいけど、できれば2回に1回くらいはこういうキャラ主体のお話が読みたいですね。個人的には、ストーリー性とキャラ性のバランスのとれた4話みたいなお話が理想なんですが。
 
 
●美沙ちゃん
その賑やかさの煽りをくらったか、影の薄かった美沙ちゃん。
もっとも、うちは、その影の薄さより、前半の美沙ちゃんの同期に対する態度の方が気になってしまいました。電波云々はともかく、同期の綾ちゃんを「小物」と見下したり、空気読めずに小縞ちゃんやつかさの気分を害させてたり……なんかこう、いろいろとイタタな言動が目についてしまって、ちょっときつかったです(^^;。
まぁ、その分、後半――つかさの爆発以後の美沙ちゃんは、少しずつ他人の気持ちがわかるようになり、それに戸惑ったりしてたのがとても可愛らしかったんですが。
 
 
●つかさ
で、美沙ちゃんがちょっと損な役回りだった分、つかさがめっちゃ役得でしたね。不真面目に見えて実は必死に自分なりのスタイルを模索してたり、恵まれた同期にヤキモチやいたり、「欲しい」と評価されて舞い上がるような笑顔見せたり――か、可愛い~っ。上原さん vs 理沙子さんに目を輝かせてたし、小さい頃からプロレス大好きだったんだなぁ、つかさ。
そして、Nさんも驚いておられましたが、まさかときメモが公式に登場するとは(笑)。できれば同期よりは格上を狙っていって欲しいものです。市ヶ谷様とか、龍子さんとか、反応が楽しそうじゃないですか。
 
 
●朝比奈
おや、再登場だ。6話で良い役どころをいただいた分、もう他の話に出番は無かろうと思ってたので、ちょっとびっくりでした。ありがとうございます(__)>ライターさん
「フリーの3大ヒール」……おおお、そんな風に言ってもらえるようになってたのか。(フリーのヒールがそもそも3人しか居ないのではと、身も蓋もないツッコミ入れたくなったのは内緒(笑))  美沙の台詞からすると今は朝比奈とガルさんは別行動っぽいですが、少しは大将の金魚の糞状態から脱して、レスラーとして独り立ちできてるのかなぁ。
それにしても、鏡さんとのタッグ結成には驚きました。その組み合わせは考えたこと無かったな。でも、パワー&極め技で、確かにタッグとしてはバランスよさげ。補正はさすがに無いでしょうが……、うち、今1枠空いてるし、鏡さん探してみようかしら。
そして、「こっちこいよ、山本」という一言にころころ転がってた私って(^^;。だ、だってぇぇ。グリさーん、おいでよ、フリー組に~。で、みんなで仲良く美沙ちーの実家の旅館に行って、温泉卵サービスしてもらお?(で、例のスクリーンショットに続く)
 
 
●フレイア様
今回、自分的にクリティカルヒットな台詞を放ってくださった方。「首輪付き」と来ましたよ。しかも「飼われてる犬は、おとなしく檻の中でキャンキャン吠えてればよろしい」って……す、素敵です、フレイア様! 美女なのに喧嘩っぱやくて、相手の痛いとこをビシリとついた毒舌を吐けるって、かっこ良すぎ~っっ♪
ところでフレイア様、東女の社長に「叔父様」と呼びかけてましたけど、もしかして血縁者なのかな?
 
 
●アルコ・イリス
そして、個人的に気になる人。今回のNPC陣の中では唯一レスラー……これって、次期PCになる予定で、今回は顔見せとしての登場なんじゃないかなぁ。今回NPC陣がシルエットでなくなったのは、この人だけ立ち絵付きにすると(さくちゃんという前例があるから)すぐPCだとばれてしまうから……みたいな気がします。
というか、もっと妄想しちゃうと、この人ってあの人のその後の姿……だったりしないだろか。要望は高かっただろうし。個人的には、もしそうであれば、明確にそうだと示してしまうより、設定や言動の端々から「もしかして?」と匂わせる程度の方がいいなぁ、なんて思ったり。
 

|

« 拍手コメントのお返事です | トップページ | 週刊レッスル7/12号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 拍手コメントのお返事です | トップページ | 週刊レッスル7/12号感想 »