« 電撃PS情報/キャラ&システム編 | トップページ | めぐちぐテレカとかいろいろ »

2008-07-26

サバ2公式サイト更新/愛・新女組登場&WEB企画

昨日の記事で書いたガルさんのステータス画面にあったスキルっぽい単語ですが、チャットで他の方々に見ていただいたところ、こんな単語なんじゃないかという話になりました。→ 左上が「義理」、左中が「場外」、左下が「腰痛」、右中が「指導力」or「破壊力」、右下が「パ攻」
後、その上のところをよく見ると、「クラス:LL」という文字も読み取れるんで、愛で導入された「体格」がサバ2にも採用されてるのかも。
 
それはともかく、公式サイトの更新ですが――以下、「続きを読む」からどうぞ。

 
 
昨日はキャラ・雑記・WEB企画第6弾と久しぶりにてんこ盛りでした♪
 
 
●キャラ
 
今週のキャラは、雑誌と連動して、愛1期生から3名。さおさお、美沙、六角さんの組み合わせって、ストーリーアプリで新女所属だったメンバーですね。
 
 
ぱっと見てすぐ目につくのは、3人ともプロフィールが愛の時に比べて非常に短くあっさりしたものに変わってたところですか。
愛PCサイトでの紹介文は、ストーリーの予告も兼ねてたせいか、キャラの設定や背景となる物語を細かく解説した長文になってましたけど、サバ2では「背景の物語」に当たる部分、特にレスラーになった後のエピソードはほとんど無くなってます。……まぁ、そりゃそうだろうなぁ。サバイバーは、入団前のエピソードはともかく、入団後はプレイヤーの手でストーリーができていくんですから、その部分を公式設定で決めちゃうわけにはいかないでしょう。
 
しかし、やや生臭めのレスラー人生を歩んでいて、その分サバの世界観とはかけ離れた印象のあった六角さんが、こうしてバックグラウンドストーリーの部分が削除されてみると一番サバ世界の住人として違和感の無いプロフィールになってたのが面白かったです。(飲酒設定も消えてるし(笑)) 逆に美沙が、数行に短縮されてても愛時代の濃さは健在。
この辺は、愛キャラの「濃さ」は、背負った物語の濃さか、根っこの設定の濃さか、そのどちらかだったから、ストーリーが濃かった六角さんはその部分が消えてあっさり風味になったけど、美沙はキャラの根幹そのものが濃かったので濃さがそのまま残ったということなのかもしれません。
 
 
 
で、来週のキャラですけど、今週から4回は愛キャラですかね、やっぱ。でも、WEB企画の関係でさくちゃん達東女組は来週は出せないでしょうから……ガルさん・零ちゃん・小鳩ちゃんのガルさん組とか?
それにしても、11/6発売だと、発売前の更新回数って14回――――毎週3名ずつ更新していっても残りの日本人全員出すのにギリギリなんじゃなかろうか(^^;。
 
 
 
 
●雑記&WEB企画第6弾
 
移籍に関しては、「大人の事情」とのこと。
昨日も書いた通り、サバ2の内容・発売に関してはさほど不安は持ってません。(不安があるのは、サバ2の後の展開) スタッフの方々もいろいろあって大変だと思いますが、カレンダーの11/6のとこにはもう○つけましたんで、ラストスパート頑張ってくださいませ~。
 
で、WEB企画は、ソニ・ディアナ・さくちゃんの東女組の声優さん当てクイズ。「ヒントは現在   サイトで公開中のキャラクターの声優さんの中に正解があるという感じでしょうか。 」とありますが、これって、3人の声優さん全員が、サバ2公式サイトに既に名前が載っているってことでいいのかな?
(直感で、「ソニ=水樹奈々さん=初回限定版のキャラソンメンバーの1人」とか言ってみる(笑)。や、だって、水樹さんが歌ってくださって、しかもそれがソニなら、水樹さんのファンとリンドリのファンと、両方が買ってくれそうだし、水樹さんはまだ菊池以外に担当キャラが無いし
 
 
……ところで、「王様の耳はロバの耳 」って、な、何? 何??
 
 
 
 

|

« 電撃PS情報/キャラ&システム編 | トップページ | めぐちぐテレカとかいろいろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電撃PS情報/キャラ&システム編 | トップページ | めぐちぐテレカとかいろいろ »